合同会社と株式会社の違いについて解説。合同会社電子定款は全国、合同会設立は大阪 神戸 尼崎 西宮 姫路 加古川など兵庫県対応

合同会社(LLC)設立サポートHOME合同会社Q&A > 合同会社と株式会社の違い

合同会社Q&A

このページでは、合同会社Q&A合同会社と株式会社の違いについて解説しています。

合同会社(LLC)サポートでは、合同会社の設立・電子定款をサポートしています。

合同会社(LLC)の設立・電子定款をお考えの方! お気軽にご相談下さい!

(電子定款のみのご依頼も歓迎致します! → 合同会社−電子定款Bコース

合同会社と株式会社の違い

Q:合同会社と株式会社の違いは何ですか?

A: 所有と経営が一致していることが最大の違いです。

持分会社の中で「合同会社」は社員全員が有限責任であることなど、最も株式会社に近い存在です。

合同会社と株式会社との最大の違いは、「所有と経営が一致」(合同会社)しているのか「所有と経営が分離」(株式会社) しているのかという点にあります。

株式会社は原則的に「株主(=所有)」と「経営(=取締役)」が分離されています。そのため「株主」のみになることや「取締役」のみになることが可能です。

「株主」と「取締役」とはいわゆる委任関係にあり、取締役は株主から会社の経営を委任されているというのが原則の関係です。

一方「合同会社」は、所有も経営も「社員」が行います。株式会社の「取締役」のように、出資をせずに経営(業務)を行うことはできません。(出資のみを行うことは、定款に別段の定めを置くことで可能です。)

ただし、小規模での起業の場合には、株式会社であっても代表者が出資して経営も行う(いわゆるオーナー社長の形態です)ことがほとんどですので、実質的には大差はないといえます。

合同会社と株式会社の比較
 合同会社株式会社
法人格ありあり
出資者の責任有限責任有限責任
機関設計社員1名以上株主総会と取締役1名必要
定款の変更総社員の同意株主総会の決議
役員の任期なし最長10年
決算の公告義務なしあり
定款の認証不要必要(認証費用:5万円)
登録免許税6万円(最低額)15万円(最低額)
税制法人税法人税
損益の配分自由に設定が可能出資額に比例

設立については、1名で設立が可能である点、資本金に最低額の制限がないなど共通点が多いですが、合同会社の設立には公証人の「定款認証」が不要であり、登録免許税が安い(合同会社6万円、株式会社15万円)ため設立コストは合同会社にメリットがあります。

なお、税制面においては、どちらも「法人税」が適用されるので、基本的に違いはありません。
 

合同会社(LLC)設立・電子定款のことならお任せ下さい!

西本社労士・行政書士事務所では、お客様のご希望・ご要望にできる限り対応させて頂けるよう合同会社(LLC)設立・電子定款作成代行業務について、
電子定款への変換のみの代行(電子定款Bコース・・・6,800円)」から
合同会社設立の完全代行(完全サポートコース・・・89,800円)」まで、
6つ のサポート・メニューを用意しております。
(合資会社・合名会社の設立・電子定款も合同会社と同価格で対応させて頂きます。)

合同会社(LLC)の設立・電子定款をお考えの方、お気軽にご相談下さい!

合同会社設立・電子定款

対応地域・費用・報酬額はこちら

合同会社(LLC)設立サポートHOME合同会社Q&A > 無限責任社員と有限責任社員の違い

「お問合せ」はこちら 西本社労士・行政書士事務所
〒655-0006 神戸市垂水区本多聞3丁目11-13 リッツ本多聞201(詳細
TEL 078-782-7720 / FAX 020-4622-7977 / E-MAIL info@nishi-jimu.com